摂食障害 症状 病気 治療 原因
摂食障害
摂食障害って?
摂食障害の治療 摂食障害との付き合い方

摂食障害

特に若い人に多い摂食障害はストレス社会が生み出した病気といえるかもしれません。
ですが原因を知り、適切な治療をすれば必ず症状は回復します。
今、このサイトにたどり着いた人は自分が摂食障害で悩んでいたり、まわりに苦しんでいる人がいることもあるでしょう。そういう人たちの手助けが少しでもできれば幸いです。

このカテゴリでは、【摂食障害の種類と症状】【摂食障害の原因】【摂食障害は克服できる?】の3つに分けて、その概要について紹介しています。現代病とも言われていますよね…。ここを読んで、どんな病気なのかを知りましょう。

摂食障害って?

基本的には拒食症、過食症、特定不能の摂食障害など3つのタイプに分けられます。また、あらわれる症状もそれぞれ異なります。摂食障害によるやせすぎ、太りすぎは命にかかわる問題なので、次に紹介する原因を探ることが肝心になってきます。

基本的には拒食症、過食症、特定不能の摂食障害など3つのタイプに分けられます。また、あらわれる症状もそれぞれ異なります。摂食障害によるやせすぎ、太りすぎは命にかかわる問題なので、次に紹介する原因を探ることが肝心になってきます。

はたして完治するものなのか、みなさんも気になるところだと思います。
この症状の克服ポイントは何でしょう?体験談もありますよ。これを読んで摂食障害と向き合うキッカケにしてくださいね。

では、もし自分やまわりの人が摂食障害になってしまったら、まずどうすればいいのでしょう?このカテゴリでは、【摂食障害の診断基準】【摂食障害と併発する症状】【摂食障害・病院での治療】について紹介しています。早めの受診をおすすめします。

摂食障害の治療

この病気の診断基準は、おもにDSM−IV(精神疾患の診断・統計マニュアル)によって定められています。精神科や心療内科のお医者さんもこれに基づいて診断します。そのほか、身長と体重から、その人の体格を割り出すBMIが使われることもあります。

摂食障害による症状のほかに、まったく別の症状が出てくることもあります。不整脈、貧血、骨粗しょう症、肥満について説明しています。あわせて予防方法も載せてあるので、気をつけるようにしましょうね。

病院に行く勇気がなくて、自宅療養している人もいることでしょう。もし原因と思われるものが家庭環境にある場合は、家にいたら悪化してしまうことも考えられます。まずは病院でカウンセリングを受けると本人も家族も安心です。

特に長い時間をともにする家族は対応のしかたに困ると思います。このカテゴリでは、【摂食障害は心の病気】【摂食障害は家族の理解が必要】【摂食障害は生活改善が大切!】という観点から、上手な付き合い方について紹介しています。

摂食障害との付き合い方

ここでは「うつ」との関係や摂食障害になりやすい人などについて説明しています。精神的なものとあって、人の心理に深くかかわっています。また、病気の自分とそうではない本当の自分が2人存在していることも認識しておきましょう。

これは家族の人に向けてのアドバイスです。いくつかのポイントがあるので参考にしてくださいね!本人にばかり注意をするのではなく、家族の人が接し方を変えていくことで家族関係も良いものになっていくでしょう。

あるカウンセラーによれば、摂食障害は生活習慣病といっても過言ではないとのこと。生活改善でストレスもなくなり、かなり回復すると思います。睡眠、運動、食事に分けて解説しています。少しずつでもいいので、今の生活に取り入れてみませんか?