摂食障害 拒食症 過食症 症状 原因 ストレス 克服
摂食障害

摂食障害って?

摂食障害という言葉は聞き慣れなくても、拒食症・過食症なら聞いたことがあるのではないでしょうか?それらの総称である摂食障害は、食べることが楽しいと感じられなくなってしまう精神的な病気の一つです。ここでは、その種類や症状、原因、克服方法、体験談などを説明していくことにしましょう。

このページでは、拒食症・過食症・特定不能の摂食障害といった摂食障害の種類を紹介しています。さらに、それぞれの症状も解説しているので、あわせてご覧ください。

摂食障害の種類と症状

拒食症

拒食症はとくに思春期の女の子がかかりやすい病気といわれています。症状としては食べ物を受けつけなくなって、体重がどんどん落ちていきます。それにともなって身体にもいろいろと異変が起きます。それらの症状についても説明しているので、ご覧ください。

過食症

拒食症とは反対に限度なく食べてしまうのが過食症です。一回に食べる量もハンパではありません。過食症になると嘔吐(おうと)の回数がふえるため、また少し違った症状が出てきます。拒食症との繰り返しになることもあるんですよ。

特定不能の摂食障害

特定不能の摂食障害のなかで代表格ともなっている「むちゃ食い障害」について説明しています。これは、どちらかといえば過食症の症状に似ているのですが、どんな点に違いがあるのでしょう?チェックしてくださいね。

このページでは、摂食障害の原因を紹介しています。色々あるといわれる原因の中で代表的なものを取り上げてみました。摂食障害を克服するには、これらの原因を取り除くことが大切です。

摂食障害の原因

ダイエット

摂食障害最大の原因と思われるのがダイエットです。これが女性の患者さんが多い理由ともいえるでしょう。美にあこがれてダイエットに励む純粋な乙女心がいつしか摂食障害の発症へとつながっていくのです。

ストレス

精神的疾患のベースにあるものはストレスですよね。そのストレスを生み出す原因を見ていきましょう。今の時代、残念ながらストレスを感じずに生活することのほうが難しいでしょう。みなさんのストレス解消法は何ですか?

成長することへの不安

思春期を迎えた10代の女の子は心身ともに大人に成長する一歩を踏み出すことになります。同時に成長することに対して不安を抱く場合もあります。またこの時期、身体に関して周囲に言われた何気ない一言が原因になることもあるんですよ。

愛情不足

家庭環境の問題で親の愛情不足も摂食障害の原因の一つとしてあげられます。一般的に一緒にいる時間の長い母親との関係はこじれやすいものかもしれません。子供を責めるばかりでなく、この機会に親の接し方も見直してみましょう。

このページでは、摂食障害の克服方法について紹介しています。何人かの体験談も交えて、回復のポイントなどを見てみましょう。

摂食障害は克服できる?

摂食障害って、完治するの?

個人的なイメージかも知れませんが精神的なものからきている症状は何を基準に治ったといえるのか、あいまいな気がします。ですが、摂食障害は適切な治療で完治する病気です。ここを読んで少しでも希望をもってくれたら嬉しいです!

摂食障害克服への道のり

もちろん摂食障害克服のためには、本人の努力とまわりのサポートが必要です。日常生活の中で「これは、もしかして?」と思うような嬉しいこともあるでしょう。ここでは、回復のきざしとなるポイントを載せています!

摂食障害の体験談

摂食障害の体験談をいくつか紹介しています。病院に行く勇気がなくて悩んでいる人、大切な人がわかってくれたおかげで回復に向かっている人、お医者さんや家族の協力のもとで病院での治療に励んでいる人など様々です。苦しいのは一人ではないですよ!