摂食障害 原因 体重 ダイエット ストレス 成長 親
摂食障害

摂食障害の原因

摂食障害の原因は色々なことが考えられます。拒食症と過食症はそれぞれ神経性無食欲症、神経性大食症ともよばれています。このことからもわかるように、摂食障害は心の病気といえるでしょう。ここに挙げている原因のほとんどは精神的なものからきています。また原因がこれらだけではないことも忘れないでくださいね。

ダイエット

摂食障害のいちばんの大きな原因といえるのはダイエットではないでしょうか。特に女性なら誰でもモデルさんや女優さんのようにスリムな身体にあこがれますよね。摂食障害をもつ人の約95%が女性というのも、これで納得できます。
とくに10代のころは、やせてキレイになりたいという思いがいっそう強くなる時期でもあるので、かなりムリなダイエットをして身体を壊してしまうことも少なくありません。今はそんなに太っていない人でも、自分の思い込みでダイエットしなきゃ!といっている人も多いです。そういう人は自分に自身がない人…。でも、毎日いろんなことに自信を持って生活している人なんて、そう多くはないでしょう。趣味やスポーツなどほかに楽しめることを見つけてみませんか?運動などをしてやせるダイエットではなく、モノを食べないでやせるダイエットは摂食障害につながることもあります。

ストレス

冒頭でも書いたように摂食障害は心の病気といわれています。
学校は楽しいですか?仕事は順調ですか?学校や職場でみんな様々なストレスを感じているのではないでしょうか。最近は小さな子供でもストレスに悩まされていることが多いと聞きます。学校でも家でも親や先生に勉強のことばかりいわれてそれがストレスになったり、社会人になっても職場の人間関係などが大きなストレスとなっている場合があります。このようなことが摂食障害の原因になると考えられています。
また、もっと深く掘り下げていくと、このページで紹介している事柄はすべてストレスを感じる原因になることだといえますね。ストレスの原因は人によって違うため、あらゆることが考えられるでしょう。いろんなストレスを自分でうまく回避・解消できるような力を身につけることが摂食障害を克服する近道になるはずです。

成長することへの不安

10代の女の子は特に自分の身体的な成長に不安を抱いている人もいるでしょうね。これはダイエットに通じるところがあります。摂食障害(なかでも拒食症)の人に話を聞くと体重がふえることがとても怖いといいます。身体的にもふつうに成長しているのに、一度ダイエットに成功すると次からはもっと体重を減らそうと頑張るようになります。それがキッカケでしだいに体重計の針がふれること自体が怖くなってしまうんです。その恐怖心から本当に食べることをやめてしまいます。成長することが怖いなんて、まわりからみたらヘンなことかもしれませんが本人にとっては重要な問題なんですよ。思春期の成長したくない、大人になりたくないという強い思いが摂食障害の引き金となるケースがよく見られます。若い人たちのあいだには「成長する=太る」という間違った考え方が広まっているのかもしれませんね。

愛情不足

家庭環境や家族関係も摂食障害の原因として挙げることができます。
一人暮らしをしていても実家で暮らしていても家族とのかかわりは切っても切れないものですよね。そこに大きな問題があることも少なくありません。
摂食障害には特に母親との関係も大きくかかわっています。では、どんなことが直接の原因になっているのでしょう?よく言われているのは母親からの愛情不足ということです。このような家庭環境、親子関係は今はじまったことではありませんよね。
これは、おそらく小さい頃から積み重ねられてきたものでしょう。
母親だけでなく、父親にも同じことがいえます。亭主関白、父親の育児への不参加、父親と母親の会話がないなど…。
あとは親が子供に多くのことを望んで、期待をかけすぎると子供には大変なプレッシャーになることがあります。もちろん、こういう家庭で育った子供がみんな摂食障害を発症するわけではないので、そこは誤解しないでくださいね。