摂食障害 種類 症状 拒食症 過食症 食べる 食べ物 体重 嘔吐 病気
摂食障害

摂食障害の種類と症状

摂食障害にはいくつかの種類があります。おもに拒食症、過食症そして特定不能の摂食障害が挙げられます。これらは、比較的若い年齢層に多く見られる病気で、10代の頃から長いあいだ摂食障害に悩まされている人も少なくないのではないでしょうか。

拒食症

まずは一つ目の種類の拒食症についてみていきましょう。拒食症とは、その名のとおり食べることを拒(こば)むということです。
まわりから見たら、どちらかといえばやせているんじゃない?と思うような体型でも本人は太っていると感じて食べ物を食べなくなってしまいます。
そのため、みるみる体重が落ちていきます。そんなにやせているにもかかわらず、とても元気で活発に動き回ることがあるのも拒食症の特徴といえるでしょう。
これは食べなければ理想の体重になる、体重を自分で調整できることがうれしくて、まわりの人たちの思いとは反対にアクティブに行動するんですね。
体重の減少のほかにも、さまざまな症状があらわれます。ここでいくつかの症状を紹介したいと思います。

思考力の低下

ものを食べないということは脳に送るための栄養素もないことになります。そうなると思考力そのものが衰えてきてしまいます。さらに物事を柔軟に考えることができなくなるため、なにか一つのことへの「こだわり」が強くなります。

虫歯になりやすい

摂食障害をもつ人は虫歯になりやすいって、聞いたことありませんか?嘔吐(おうと)の繰り返しで胃液がたくさん出て、それによって歯のエナメル質がとけてしまうんです。これはうがいや水分補給で少しは防ぐことができますが、あまりひどい場合は歯医者さんに行くことをおすすめします。

低カリウム血症

嘔吐したり、大量の下剤を使ったことが原因でひきつりや体に力が入らない、筋肉がマヒするなどの症状があらわれます。これは低カリウム血症とよばれるもので、果物やドライフルーツ、野菜を食べることで防ぐことができます。

生理不順

体重が減っているときは栄養不足とストレスなどによって生理不順になることがあります。体重が少ないために起こるものであれば、体重がもどると生理もまた始まります。

吐きだこができる

摂食障害をもつ人の多くは手の甲に「吐きだこ」といわれるものができています。吐くために指をのどに入れたとき、前歯に手の甲があたって皮膚がただれたものです。

毛深くなる

毛深くなるのも摂食障害の症状の一つです。やせると体温も下がってしまいます。そうすると体が自らを守ろうとして、うぶ毛が濃くなるといわれています。

むくむ

これも嘔吐の繰り返しで、足や顔がむくむことがあります。これは食事をしないためにタンパク質が不足して起こるものです。むくみを太ったと勘違いしてまたダイエットしようと思う人もいるので注意しましょう。

過食症

今度は過食症について説明しましょう。この種類も摂食障害の一つですね。
この過食症は拒食症とは反対に食べ過ぎてしまう病気です。とはいっても私たちが一般的に想像する「食べ過ぎ」とはかなり違うものなんですよ。
とにかく限度なく食べ続けるのが過食症の特徴といっていいでしょう。自分でおさえようと思っても手が勝手に動いてしまいます。食べて、おいしいという感覚はなく、ただ口の中にできるだけたくさんの食べ物を詰め込もうとします。
そして、その食べたものをすべて吐いてしまいます。当然これでもかというほど食べるので体重は増えていきます。わかっていても、食べることをやめられない…それが過食症です。では、ほかにどんな症状があるのでしょう?

臭くなる

過食症になると頻繁に嘔吐するようになります。嘔吐物のにおいってものすごいですよね。あれは胃液のにおいなんですよ。そのにおいが何回も嘔吐を繰り返しているうちに体中に染み付いてしまいます。

やせる

過食症でもやせるの?!と思う人もいるかもしれませんが、ずっと食べ続けるだけが過食症ではありません。なかには、過食と拒食を繰り返す人もいます。なので、拒食しているあいだはやせていくんですね。

その他・拒食症と同じ症状

ほかの症状としては虫歯になりやすい、生理不順など拒食症と同じようなものが挙げられます。もちろん、どちらも症状がよくなってくると元通りになりますよ。心配な場合は病院で相談するといいでしょう。

特定不能の摂食障害

3つ目の種類は特定不能の摂食障害です。これは拒食症と過食症…どちらの摂食障害の基準も満たしていないものを指します。
要するにどちらにも完全には分類できないタイプものをいいます。
ここでは「むちゃ食い障害」を取り上げて紹介することにしましょう。この「むちゃ食い障害」はカロリーのとりすぎによって、体重がふえていく病気です。
過食症とも似ているように思いますが、「むちゃ食い障害」は一般にもとからぽっちゃりした人に多く見られるんですよ。
また、拒食症や過食症にくらべて上の年齢の人に発症し、男性が半数近くを占めるのも特徴的です。身体的な面では便秘がちになるくらいの症状しか出ませんが、カロリーの高いものばかりを好むので肥満とその合併症に気をつけなければなりません。さらに「むちゃ食い」は必ずといっていいほど、家族やまわりの人に隠れて行われます。たとえば、夜中にこっそり冷蔵庫の中のものを食べるとか、一人で部屋にこもって食べるとか…その方法はさまざまです。