摂食障害 診断基準 診断 体重 拒食症 過食症 セルフチェック
摂食障害

摂食障害の診断基準

摂食障害の種類や原因を色々見てきましたが、本当に摂食障害なのか素人にはわからない部分もありますよね。食欲が止まらなくて過食症かなと思ってもそうじゃなかったり、逆に少食なだけだと思っていても実は拒食症だったなんてこともあるでしょう。さて、摂食障害の診断基準はどこにあるのでしょうか?

摂食障害のセルフチェック

インターネットで検索してみると、摂食障害に関するセルフチェックができるサイトがたくさんあります。自分でおかしいな?と思ったらまずはセルフチェックをしてみるのもいいでしょう。本人が大丈夫と言っても、代わりに家族がチェックして、そのあと病院に連れていくケースも多いようですね。いろんなタイプのセルフチェックがありますが、拒食症と過食症にわけたセルフチェックリストをのせたいと思います。5つ以上当てはまったら、早めの受診をおすすめします。

拒食症

  1. よく立ちくらみする。
  2. 一日に何度も体重計にのる。
  3. 体重の増減にこだわる。
  4. まわりにはやせていると言われるが、自分では太っていると思い込んでいる。
  5. 食事のペースが遅い。よく残す。
  6. 食べ物のカロリーをよく知っている。
  7. ローカロリーのものばかり食べる。
  8. やせてきたのに別に何の病気も見当たらない。
  9. とても元気に動き回り、よく運動する。

過食症

  1. いつも食べ物のことばかり話題にする。
  2. たくさん食べているのにもかかわらず、太らない。
  3. 食べたあと、必ず何時間もトイレにこもっている。
  4. 「食べ出すと止まらない」とか「食べ出したら止めて」などと言う。
  5. 食べたあとに、ふさぎこんでしまう。
  6. 「ケーキは○○店のじゃないと」などというこだわりがある。
  7. 自分を嫌う。
  8. 「迷惑かけてごめんなさい」とよく言う。
  9. 完璧主義者である。
  10. 自分をおさえ、まわりに合わせようとする傾向が強い。

摂食障害の診断基準1

病院での摂食障害の診断基準は何だと思いますか?
別にお医者さんが勝手に「あなたは摂食障害です」というふうに判断しているわけではありません。摂食障害のような心の病気は、いろんな検査結果の数値で診断することができないのです。
なので、多くの場合は「DSM-IV」などによる診断が行われます。この「DSM」とはアメリカ精神医学会によって作られた「精神疾患の診断・統計マニュアル」というものです。ここでは「DSM-IV」による摂食障害の診断基準を紹介しましょう。

拒食症(神経性無食欲症)

  1. 年齢と身長に対する正常体重の最低限、またはそれ以上を維持することの拒否(例:期待される体重の85%以下の体重が続くような体重減少;または成長期間中に期待される体重増加がなく、期待される体重の85%以下になる)
  2. 体重が不足している場合でも、体重が増えること、または肥満することに対する強い恐怖。
  3. 自分の体重または体形の感じ方の障害、自己評価に対する体重や体形の過剰な影響、または現在の低体重の重大さの否認。
  4. 初潮後の女性の場合は、無月経、すなわち月経周期が連続して少なくとも3回欠如する(エストロゲンなどのホルモン投与後のみ月経が起きている場合、その女性は無月経とみなされる)。

過食症(神経性大食症)

  1. むちゃ食いのエピソードの繰り返し。むちゃ食いのエピソードは以下の2つによって特徴付けられる。
    (1) 他とはっきり区別される時間帯に(例:1日の何時でも2時間以内)、ほとんどの人が同じような時間帯に同じような環境で食べる量よりも明らかに多い食物を食べること。
    (2) そのエピソードの期間では、食べることを制御できないという感覚(例:食べるのをやめることができない、または、何を、またはどれほど多く、食べているかを制御できないという感じ)。
  2. 体重の増加を防ぐために不適切な代償行動を繰り返す。例えば、自己誘発性嘔吐;下痢、利尿剤、浣腸、またはその他の薬剤の誤った使用;絶食;または過剰な運動
  3. むちゃ食いおよび不適切な代償行動はともに、平均して、少なくとも3ヶ月にわたって週2回起こっている。
  4. 自己評価は、体形および体重の影響を過剰に受けている。
  5. 障害は、神経性無食欲症のエピソード期間中にのみ起こるものではない。

特定不能の摂食障害

  1. 女性の場合、定期的に月経があること以外は、神経性無食欲症の基準をすべて満たしている。
  2. 著しい体重減少にもかかわらず現在の体重が正常範囲内にあること以外は、神経惟無食欲症の基準をすべて満たしている。
  3. むちゃ食いと不適切な代慣行為の頻度が週2回未満である、またはその持続期間が3ヵ月末満であるということ以外は、神経性大食症の堆準をすべて満たしている。
  4. 正常体重の人が、少量の食事をとった後に不適切な代慣行動を定期的に用いる。(例:クッキーを2枚食べた後の白己誘発性嘔吐)
  5. 大量の食事を噛んで吐き出すということを繰り返すが、呑みこむことはしない。
  6. 無茶喰い障害:無茶喰いのエピソードが繰り返すが、神経性大食症に特徴的な不適切な代償行動の定期的な使用はない。

摂食障害の診断基準2

「DSM-IV」以外の診断基準としては、BMI(Body Mass Index:ボディ・マス指数)があります。これは体格(体重)指数のことで、肥満度をチェックするときなどにお医者さんも使うものですね。身長と体重から肥満度を割り出すことができるんですよ。計算式は「体重(kg)÷(身長(m)の2乗)」となります。この指数はだいたい20くらいまでが正常な範囲といえるでしょう。17とか18という結果が出た人は健康の最低ラインなので、それがあまり長く続かないように気をつける必要があります。