摂食障害 付き合い方 うつ 睡眠 家族 サポート
摂食障害

摂食障害との付き合い方

摂食障害の人の外見はふつうのことが多いので、なかなか気づきにくいと思います。ですが、家族や友人などにもきちんと話したほうが気持ちもラクになりますし、まわりも接しやすくなるでしょう。ここでは、摂食障害との付き合い方をテーマに「うつ」との関係や家族のサポートのしかたなどについてです。

このページは、「うつ」との関係や摂食障害になりやすい人、症状のあいだから顔をのぞかせる本当の自分についてお話しています。ここを読むと摂食障害が心の病気ということがよくわかると思います。

摂食障害は心の病気

摂食障害と「うつ」との関係

摂食障害と「うつ」をあわせ持っている人は少なくありません。摂食障害になったから「うつ」を発症したのか、「うつ」だから摂食障害になったのか正確なことはわかりません。どちらも焦らずゆっくり治療することが大事ですよ。

摂食障害になりやすい人

摂食障害の原因はさまざまで、どんな人もなる可能性はあるとされていますが、その中でも特になりやすい人はいるようです。職業や年齢、性格などいろんな点から説明しています。ただ、こういう人が必ずなるというわけではないので、そこをご理解くださいね。

摂食障害と本当の自分

摂食障害の人の心の中には2人の自分がいるといいます。病気におかされている自分と、その向こう側にいる本当の自分…。自分の子供が何を考えているのかわからないという親御さんも、ここをチェックしてください!

このページは、一緒にいる時間が多い家族に向けて摂食障害との付き合い方のポイントを紹介しています。どのようにサポートすればいいのか悩んでいる家族も多いことでしょう。お互いが快適に過ごすためのヒントになったら嬉しいです♪

摂食障害は家族の理解が必要

食べることに関して干渉しすぎない

摂食障害になると体重や食べ物のことを考えている時間が多くなります。拒食症にしても過食症にしてももっと食べなさい!とか、食べちゃダメ!とムリに言うのはよくありません。やるだけやったら、あとは見守るようにしましょう。

表面的な行動ばかり気にしない

見守って!といっても、実際には見るに耐えない言動ばかりすると思います…。そんなとき家族は、それをそのまま受け止めるのではなく、心の奥にある気持ちをくみ取るようにしましょう。ほめ方のコツも参考にしてください。

会話をしよう!

ここでは、ギクシャクしがちな会話をなるべく楽しくするためのテクニックを紹介しています。これは別に摂食障害の人がいる家庭に限ったことではないので、たくさんの人に参考にしてほしいテクニックですね。

家族みんなの自由時間を大切に!

摂食障害だからといって、家族全員がそのことにかかりっきりになるのはサポートするほうにも、されるほうにもストレスになります。家族みんなができるだけ自由に自分の時間を楽しみましょう!付き合い方を少し変えるのもいい方法なのでは?

このページは、摂食障害の治療法の一つとして生活改善のお話をしています。睡眠・運動・食事と、ごく基本的なことについて説明しているので、ぜひ読んでくださいね!この生活改善だけで症状が軽くなった人もいるんですよ。

摂食障害は生活改善が大切!

十分な睡眠

摂食障害の症状の一つに不眠があります。夜眠れないから昼夜逆転の生活になる、また朝からゆううつだという人もいるでしょう。睡眠薬を使わずに気持ちよく寝ることができたらいいですよね。心地よい睡眠のためのちょっとした工夫は必読です♪

適度な運動

これもある意味、睡眠につながっています。摂食障害の人は運動するか、しないか両極端です。どんなことも「ちょうどよく」は難しいですね〜。近所を散歩したり、部屋でストレッチしたり、無理のない程度に続けましょう。

おいしい食事

さて、摂食障害の人にとってこれが一番の難関です。食事は作る側の配慮が必要になります。メニューも大事ですが、盛り方をちょっと工夫するといいみたいですね。盛り方のアドバイスをしているので、ご家庭で取り入れてみましょう。