摂食障害 病気 うつ 心 自分 精神
摂食障害

摂食障害は心の病気

摂食障害は身体に異常があらわれますが、心の問題が身体に影響を与えています。
本人もまわりも表面の変化ばかりが目について、精神的な面には気づきにくいのが特徴ともいえるでしょう。ここでは摂食障害の人によく見られる「うつ」、どんな人が摂食障害になりやすいのでしょうか。

摂食障害と「うつ」との関係

摂食障害をもつ人は同時に「うつ」にも苦しんでいる人が多くみられます。
「うつ」とは抑うつ気分、不安、焦り、食欲低下、不眠などの症状が出る精神疾患の一つです。最近は「うつ」と摂食障害の関係についてもよく研究されるようになってきました。数ある摂食障害の原因の一つに「うつ」も挙げられるのではないかという考えもあります。「摂食障害・病院での治療」のページでも説明したように、摂食障害には抗うつ薬が効果的といわれています。このことからも分かるように摂食障害と「うつ」のあいだには深い関係があるといえるでしょう。
インターネットを見ていると摂食障害だから「うつ」を発症するのか、それとも「うつ」が摂食障害を引き起こすのか疑問に思っている人も多いようですね。どっちが先かというのは断言できませんが、私の個人的な考えとしては摂食障害の身体的な症状も原因をたどると、その多くは精神的なものです。
なので、やっぱり「うつ」がもとになっているように思います。そして摂食障害が進むと家にこもってしまうため、ますます精神状態もわるくなっていって、結局は悪循環になるのです…。摂食障害の治療のため、外で運動したくても、「うつ」で気分が落ち込んでいるときは外出できないこともありますしね。
どちらも心の病気で治療には時間がかかります。同時に治療するか一つずつ治療するか…これは病院側の判断にまかせるしかありません。

摂食障害になりやすい人

摂食障害は何万人に1人とか、そんな割合でなるような特別な病気ではありません。誰にでもかかる可能性のある病気といえるでしょう。
ではどうして摂食障害になる人とならない人がいるのでしょうね?やっぱり「なりやすい人」はいるみたいですよ。ここで摂食障害になりやすいタイプをいくつか紹介しましょう。ただ、ここに挙げているタイプの人が必ずしもなるわけではありません。

職業によって

やせなければいけない職業の人っていますよね。たとえばスポーツ選手とかモデルさんとか…。もっと身近なところでは接客業なんかもそうじゃないでしょうか。
お客さんにいい印象与えないとならないですものね。ですが、どの職業にしても健康的にダイエットする必要があります。

若い人

摂食障害の人のうち8割以上が20歳までに拒食症になるというデータがあります。なかでも13歳とか17歳の年齢でなることが多いようです。もちろん20歳すぎてからなる人もいて、何年も摂食障害に悩む人が大勢います。

完璧主義の人

あとは、その人の性格も左右するでしょう。摂食障害の人は何でも完璧にやらないと気がすまない完璧主義者が多いといいます。ちょっとでも間違ったりすると、ものすごく自分を責める性格の持ち主なんですね。

自分に自信がない人

自分に自信がない人も摂食障害になりやすいといわれています。そういう人は自分が人からどう見られているのかをとても気にします。自分のことを嫌っていませんか?無理してでもダイエットしてキレイになれば自信がつく、なんて間違った考えは捨てましょう。

摂食障害と本当の自分

専門医に聞くと、摂食障害をもつ人の心の中には本当の自分と病気の自分がいるといいます。別に本人が本当にやせたくて無理なダイエットに励んでいるわけでもなく、大量のお菓子を食べているわけでもありません。
そういう行動をさせているのは病気の自分(摂食障害)のしわざなのです。心にも思っていないことを言わせてしまうのは摂食障害のせいです。
けれど、いつも病気の自分にしばられているわけではないんですよ。学校で勉強したり、友達と遊んだり、音楽やテレビを楽しんだり…。
摂食障害から離れて過ごしている本当の自分がいることを忘れないでくださいね。拒食・過食をしているとき以外の自分も大切にしていきましょう。